スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しんぽじうむ。

今日はシンポジウムがありました。
うちの大学のある学科の先生たちが、大学生に読んで欲しい50冊の本を選ぶというもの。ゲストに川上未映子氏。
いやあ、白熱してました。終了予定時刻大幅にオーバーしてもまだやってましたからね。
詳しいことや先生たちへの溢れんばかりの愛はみくしに書いたのでここでは割愛しますが、ただ一つだけみくしに書けなかったことがあります。

川上氏は必要なかったんじゃないかな…(笑)

先生たちだけだって充分過ぎるほどにもんのすっごく素晴らしい方々なのだから、話題作りみたいなことはしなくてもよかったんじゃないかな、というのが正直な印象。私のような先生たちのファンから言わせれば。ファン多いですからね、あの学科の先生方は。

その一点を除けば、すごく面白いシンポジウムでした。読みたい本が増えてしまった。


急に会いたくなって仕方なかった男友達に、久しぶりにメールをした。最後に会ったのは、4ヶ月前。その後はみくしでくらいしか関わっていなかった。共通の友人が今私と同じ院にいて(研究科は違うけれど)、彼とは割とマメに会ったり連絡を取り合っているから情報は入って来ていたのだけれど、元々連絡事項以外のメールをする習慣のない私は「どうしてる?」って送るだけのことがすごく苦手で。今日もかなり考えて、ためらって止めようとして、でも結局送ってしまった。
すぐに返って来た、懐かしい訛りのある文面に、そこが他の人もいる院生室であることも忘れて泣きそうになった。少し神経質そうだけれどでもとても優しい、彼の笑顔が浮かんで来た。そうだ、私は、彼の博多弁が大好きだった。
ほんの数回で終わるメール。他愛もない、簡潔な近況報告。でも私は、会いたいというサインを示した。彼は、こっちに来るときは連絡をくれるといった。ただ、それだけのこと。社交辞令かもしれない。本当に会えるかどうかだってわからない。たった一度会うことさえも難しい距離に私たちはいて、会おうと簡単に言えるような関係でもない。
それでも。私にとって、彼はとても大切なんだ。
性別関係なく付き合える男友達は、何人かいる。でも彼はその人たちとは少し違う。かといって、恋でもない。始まらなかった恋、とでも言おうか。淡く遠い初恋を思い出させるような、彼はそんな人。
想い人と言葉を交わす時とはまた少し違う甘酸っぱさ。胸の奥に広がる暖かさと優しい気持ちは、それだけで行き詰った私を解してくれる。行き場のない私の想いを、辛い今を、話さなくても理解してくれるような気さえする。今日の短いメールのやり取りだけで、私はまた明日から頑張って行けると思えた。

このまんま歩いていけば、私、どこかに辿り着けるよね。
スポンサーサイト

パソコンの前でしばし凝固する。

学部時代の3倍くらい動いているので、当然夜にはぐったりしているわけですが。疲労のピークはお夕飯を食べてお風呂から出た後にやって来ます。
髪の毛乾かさなきゃ、と思いながらパソコンを付けてそのまましばし放心。みくしいじったりしているうちに余計に動けなくなって来る。しかし明日も学校へ行くのだから身だしなみはきちんとしなくては、と慌てて髪を乾かす次第です。

そんなわけで金曜日までの日程が無事終わりました。
明日は大好きな学科に絡んだシンポジウムがあるのでそれを覗きつつ、院生室にこもって勉強して来ようと思います。


今まで某事務所の話はこちらには書かないようにしていたのですが(検索に引っ掛かりやすいため)、しばらく試験的にこっちに書いてみます。

最近、最愛グループがずれつつあります(笑)
Jr.がとにかく一番なのは変わりませんが、デビュー組の中でけーえーてぃーてぃーゆーえぬなグループが私のジ○ニ愛復活のきっかけでしたが、今はのーすいーすとうえすとさうすなグループに傾き気味です。

最近…慶ちゃんがすごく好き(笑)元々さっぱり系の顔が好みなので彼は大好きでしたが、今すっかりハマってますねー。キャラ的にも好きなんだ、ああいう人。そしててごの歌声が好きだ。改めて今好きだ。やっぱ彼は歌上手いし良い声だと思う。

そんなわけで、彼らの曲をヘビーリピート中です。

おしい。

毎週親が見ているネプリ○グ。普段は私は見ないのですが、今日は某若手俳優集団登場ということでしっかりテレビの前に陣取りました。久々にまーくんの方言を聞いた。幸せ。

結果はもうちょっとだったねー残念。

酔ってます。

酔ってますよ。もう眠れなくて本当。だからこの日記も朝になったら消すかもなんだけど。


ふっと今、ある男友達に会いたくなった。
男友達って言っても…そんなにすごく親しい部類には入らない、多分。単なる語学仲間といえば、単なる語学仲間。色々ぶちまけ会える男友達なら別にいるというくらい、あんまりそれほど親しいわけじゃない。

でもすごく大事な人。私に女としての自信をくれた人。多分、永遠に彼は憧れだろう。恋とは違うけど、恋とは違う場所で、私は彼にずっと憧れ続けるだろう。

今苦しいことがあって、八方塞がりというか四面楚歌というかどうしようもなくて。
遠い地元に帰ってしまった彼のことがふっと過ぎった。彼に弱音を吐けたら、本音を話せたらどんなに良いだろうと。
会えないんだけどねー何しろ九州だから。

会いたいってメール送りたい。会えなくても構わない。ただ会いたいって言いたい。でも何か、それはしちゃいけないような気がする。自分でもよく分かんないけど。

あのね、あたしあなたのことが大好きだよ。

あたしたちは恋愛は出来ないけど。多分これから先、あたしたちの道が交わることはもうないけど。でも女としてのあたしを、認めてくれたあなたを、あたしはずっと大事に思い続けるよ。

ああ、会いたいなあ。


…相当酔ってるなー。すみません。

滞りなく。

院には大分馴染んで来ました。
特に同じゼミの人の専門分野が偶然にも同じだったので、結構仲良くなりまして。何故かその人の彼女さんの手料理をごちそうになったりとか、そんな日々を過ごしております(笑)最近は先輩とも喋れるようになったし。

しかし、まあ、発表がね。発表が迫っておるわけですよまた。
そんなわけで今日はもうちょっと頑張って勉強します。

ばたばたしてる。

毎日慌ただしいです。
先生に呆れられたり呆れを通り越して笑われたりしながら頑張ってます。

忙しさに任せて考えないようにしていたことが、ふっと過ぎる瞬間。

私は一番大切なものを見つけてしまって、どんな形でも良いからそれを失いたくないだけなのだと。
私はそのためだけに生きているのだと。
そのために生まれて来たのだと。

そんな、極端なことを思います。
極端でも何でも、それが私にとっての幸せなのです。

それが人からは滑稽に見えても。
ああだから、これで良いんだ。多分私は間違ってないんだ。

ただ、前にも後ろにも進めないことだけが、時々少し痛い。

恩師の授業での出来事。

つい先日まで「ちょっと変わった人」という認識で、その著作を読んだらやっぱり凄い人だったんだ!ともんのすっごい見直した我が恩師が、今日授業にて

黒板に図式を書いてファーストガ○ダムのあらすじを説明

いたしました。そして

「日本に生まれてファーストガン○ムのストーリーを知らないのは、源氏物語を知らないのと同じくらい恥ずかしいことですからね」

と言い放ちました。

授業でね。

私は本当にこの人を恩師と仰いで良いのだろうか、と今日は思った、さすがに。
ちなみに私はファースト○ンダムのあらすじはおろか、ガンダ○がいかなるものかすらさっぱり存じ上げておりません。何かロボットなのは知ってる。先生に言わせると恥ずかしいわけだ(笑)

すっかりハマった。

最近、DA○GO氏がツボ過ぎます。
V系ファン時代から存在は存じ上げていたのですが。しかしまああれほどまでに愉快…いや、素敵なお人柄だとは思わず(笑)
顔はあんま好みじゃないんですが、キャラがね。素晴らしい。謎な発言の連続ながらも育ちの良さがすーっごく良く表れている。どこまで本気なのか分からない真顔。彼が出て来るだけでテレビに釘付けです。面白過ぎ。

最近ねー笑うのって大事だなと思いますよ。ストレス解消は以前は泣くことだったのですが、近年ちょっとやそっとじゃ泣けなくなりまして。泣くのにエネルギーがいるっていうね。そうなるとバラエティ番組を見て笑う方が早い。ヘキ○ゴン大好きさ。野久保さん大好きさ。


只今若干“学部シック”入っております。ホームシックならぬ。

学部時代、ありがたいことに私は多くの友人に恵まれていました。良く一緒に授業を受けたり遊んだメンバー、ゼミ仲間、コリア語仲間、何かと私を気にかけてくれる人たち等々。
大好きな人たちと過ごした大学校舎に一人でいることが、今たまらなく寂しい。

院の人たちは皆良い人です。入学当初の男性恐怖もさすがに薄れて来ました。でも、今まで女の子と簡単に打ち解けたようには、男の人とではさすがに出来ない。数名いる後輩は、今一番忙しい時期。一緒に院に入った友達も2人いるけれど、どうしても心を開けなくて。
私は、私の居場所を見失っている。

院生室には慣れて来た。勝手に行って勝手に自分の勉強をすれば良いだけのこと。割り切れば便利な場所。顔を出していれば、少しくらいは院の人たちと話をするチャンスもあるしね。
どうしようもなく孤独になったら、学部時代のゼミの先生の所に顔を出せば、先生とお話し出来るしたまに学部の後輩とも知り合える。

でもたまらなく仲間に会いたい。
だけど、皆は知らない場所に入って行って、責任のある社会人という立場になって、私なんかよりずっと必死に頑張っている。今までと同じ場所に留まってのんきに学生を続けさせてもらっている私が、弱音なんて言っちゃいけない。

もう少し、慣れれば、きっと。
辛いのは今だけだ。きっとすぐに寂しくなくなる。大丈夫。
明日も、頑張っていこう。

しっけーな!

買い物帰りに母と一緒に父の事務所に寄ったところ、うっかり掃除を手伝わされました。
掃除機をかけていると、父が一言。

「お前は人生にやる気がないな~。掃除機のかけ方に出てるよ」

…あの、私、誰の事務所の掃除してるの?(笑)

私の掃除機のかけ方が相当のんびりでマイペースだったらしい。父はいつもいつも私の行動のとろさを突っ込んでくる。文句ではなく、単に私をからかっているだけなのですが。

そんな父の思考回路を完全に受け継いだ私は、父と全く同じことを母に言うことがよくあります。さっきもありました。
しかし父はせっかち。私はせっかちのせの字もありゃしない。
ええ、先日も、読売ランドのゴーカートにて1周遅れでゴールしましたとも。

ちなみに母はどちらかというとのんびり目かなあ。父と私の中間くらい。
バランス取れてるのかもしれませんね、我が家は(笑)

不思議な会話。

昨日地元を歩いていた時に聞こえて来た、小学生の男の子二人組の会話。

「なあ、お前が調べたのって小野妹子だっけ?」
「うん」

…思わず振り返りましたさ!

いや、まあ、小学生だって授業で調べて発表することありますよね。小野妹子とかやりそうですよね。でもさらに私を引き付けたのはその後の言葉。

「試験に出て来る卑弥呼ってさあ、資料集に載ってる卑弥呼と全然ちげーんだよなあ」

何が!?何がどう違うわけ!?外見!?性格!?功績!?

物凄く気になって仕方なかったのですが、残念ながらその先を聞くことは出来ませんでした。
子供って着眼点が面白いよね。
子供の着眼点でテーマを決めたら良い修士論文が書けそうですね。

思い出した。

今日は読売ランドに行って来ました。メンバーは、日本人は私ともう一人の院生の男の子、そして4人の韓国人留学生の女の子。
読売ランドといえば、敷地内にヴェルディの練習場があるんですよねー!私の最愛の大野敏隆選手が近くで練習していたのかもしれない、とか思うと本気でときめく。

まあしかし、そんなこと考えていられるほどのんきなレジャーではなかったのです、何故なら私は絶叫系が死ぬほど苦手だから。

だってあの人たち一発目からすごいの乗ろうとするのよ!

逃げました。もんのすごい勢いで逃げました。二つ目、一番恐くないから、と言われてゴムボートのウォータースライダー的なもの?に無理やり乗せられ、本気で叫んで半泣きになったらやっとお分かりいただけたようで、次の乗物からは待つことが許されました(笑)
バスで坂道降りるだけで恐がる人間に絶叫系は無理に決まってる!

やーでも楽しかったですよ。その後色んなお話したりね。日本人も韓国人も日本語と韓国語ちゃんぽんで喋るので、今頭の中二ヶ国語がごっちゃです(笑)


ああでも、楽しいだけではなかったのです。
実は、読売ランドの敷地内には、2年前に祖母が最期を迎えた病院があります。今日行くまで本気で忘れていました。というか、2年前は新百合ヶ丘で電車を降りて病院のバスに乗っていたから、「読売ランドの敷地内にある」とは分かっていても電車の「読売ランド前駅」に結び付けることが出来なかったんですね。

祖母は、変わった人でした。もちろんとても大切だとは思っていますが、私たち家族をとても苦しめたことすらあるような人です。彼女に対して私たちは、きれいな思いだけを抱いているわけではありません。

読売ランドにいると、どこからでもあの病院が見えます。あの病院で祖母が過ごした最後の1ヶ月間を、繰り返し繰り返し思い出しました。祖母が亡くなったのは、2年前の丁度今頃。この時期に友人の誘いで読売ランドに辿り着いたのは、何か見えない力に導かれたのだとしか私には思えないのです。何かに呼ばれて私は今日、あの場所に行ったような気がするのです。

絶叫マシーンに乗る友人たちを待つ間、あの病院を眺めていると、わけもなく涙が流れて来そうになった。

祖母の死を悲しいと思ったことはあまりありません。本当に大変な事ばかり私たち家族に持ち込んだ人だったから。そりゃお葬式のときは泣いたけれど。でも正直、これでもう両親があの人に苦しめられることはないとホッとしたことさえあるくらいなのです。

でも今日は何か苦しいんだ。めちゃくちゃ苦しいんだ。
家に帰って来て、やっとちゃんと泣けた。
あの人が今もいたら、この平和はない。私たち家族はきっと、こんな風に笑えてはいないだろう。でも何だかわけもなく涙が出るんだ。泣きたくてしょうがないんだ。わけも分からずに苦しいんだ。自分の想いが見えない。

憎んだこともある。孫なんて自分の玩具くらいにしか思っていなかった人だから。あの人が真実私を愛していたとはとても思えないから。
でも私は、祖母を愛していたのだろうか?だから今割り切れない思いを抱えているのだろうか。
この気持ちを何と言ったらいいのだろう。私は祖母が碌でもない人だと知りながら、それでも愛されたかったのだろうか。

当たり前の『祖母と孫』の関係が、私は欲しかったのかな。ねえ、何でこんなに涙が出るんだろう?何で泣きたくてしょうがないんだろう?私が何を考えているのか、私には分からない。

ただ、今日見た病院の外観が、病院の中での記憶を呼び起こして、離れない。あの病院の中で、両親と祖母と4人で過ごした少しの思い出が、頭の中を駆け巡る。ねえ私はどうしたら良いの?祖母を憎みたいのか許したいのか、それさえ分からない。ただあの頃の光景だけが私の中に映って、酷く痛む。

答えは一生出ないのかもしれません。

弱いんだけれども。

院生活が始まってから、明らかに飲酒頻度が増えました。

アルコールには相当弱い方なので、量はそう多く飲まない(飲めない)のですが、頻度がねー。
眠れないのよね、本当。
身体は疲れているし、翌朝は早いし、寝たい。
でも忙し過ぎて頭は冴えているから眠れない。
悪循環。
とりあえずお酒で解決。弱いからこそちょっと飲んだだけでも眠れる。

良くないとは分かっているのですが。

明日から連休です。6日間かな?課題がたくさんあるのでゆっくりは出来ないのですが、朝早く起きる必要はないのでお酒を飲んで急いで寝なくても良い。この機会にアルコールで寝付くこのスパイラルから抜け出そうと思います。

…とか言っているそばから先ほど母とプチ宴会でちょっくら飲みました。酔ってるぜ、ヘイ。
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。