スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配信いべ。

コルダの配信イベントが今日からだったのを思い出し、慌ててDLしました。
いや、良いよ!甘いよ!素敵だよ!
最後に一言だけですがボイスも入ります。これはもうコルダ3ファンなら絶対やるべきです。
やはし律と千秋と大地が好きだ。でも全員好きだ。

GRの新曲も買ってきたし。




ただ、とりあえず大分疲れて来た。
スポンサーサイト

生きている。

とりあえず生きてはいます。
ゲームに触る暇もありませんが。
いや遊んでいたというのもある。18,9の子たちと一緒になって一週間に2回もオールをしたことはさすがにちょっと反省している。
そろそろ遊びは控えようと思います。
実際やることはたくさんあるしね。

そしてまあ、時々「このゆとりのクソガキどもが」と思う瞬間がないでもないですが、まあ何とかやっておりますよ。


あ、ウルトラブラック5巻とおおふり14巻読みました。

ウルトラブラックはいよいよ謎に触れてきましたね。社長ー好きだー!

おおふりはびっくりした。でもご都合主義じゃないとこが良いと思う。


とりあえずあたしは周りから一歩引こう。

あたり。

某大型電気店のゲームコーナーを覗く度に、DQM2の店頭プロモーションムービーのナレーションが安元さんっぽいなあと思っていたのですが、調べたらやはし安元さんでした笑。
最近大分安元さん熱が上がっている。今日鰤チャド出まくりで嬉しかった。

いやーチャドと結婚したいわー。

グロリア熱も相変わらずです。グロリアとも結婚したいです笑。
グロリアもチャドも(中の人以外で)共通するところと言うと、優しさが弱さからくる優柔不断なものではなく強さに裏打ちされたものである点が大きいと思う。何か、甘やかすところは甘やかしつつも叱るべき時には叱ってくれそう。
ストイックな人って良いよね。
あー今日も寝る前にちょいとだけグロリアのイベント見ようかな。
実は昨日からメディシス攻略を初めはしたのですが、やはしどうしてもグロリアが大好き過ぎて仕方ありません笑。

グロリアが理想の旦那過ぎる件。

グロリアと結婚したい…!


大人の男。優しいのにちょっとSっ気あり。
ダメだあたしもうグロリアしか愛せないかもしれない…!

未だに次のキャラに手が出せず、グロリアルートを反芻するかのごとくぐるぐるしております。幸せです。

うわお。

グロリア…!
ダメだもう、あたしグロリアと結婚する!!

蓮くん以来の衝撃と言っても過言ではないレベルのヒットです。乙女ゲーのキャラで、つか乙女ゲーでここまで本気で世界に入り込んでかなり真剣に恋だと叫びたい状態になったのは本当に久しぶりじゃあないでしょうか。
いやその時々やったゲームでちょいちょい恋はしているのですが、ツボもツボツボがツボツボ過ぎる。

大人の男・冷静・平気な顔で甘いことを言う・主人公を困らせて楽しんでいる・黒髪長髪・長身・つり目・色気・30代

そこに無敵の安元さんボイスだよ!惚れるなっていう方が無理だよこれ!!


エンディングとしては、幸せなようでいて幸せでないような気もする作りですが、あ、そうなるのねと何となくすんなり納得できる感じ。
内容自体もだけど、エンディングもCEROCかもしれない。
一言でいうならば、この世の不条理を受け入れるまで行かずとも受け流すことは出来る程度の年齢の人向け、な感じ。
多分ある程度大人じゃないと納得出来ない…というか裏を理解出来ないのではないかと。
一見するとやたら都合よく終わっているような感じがするけれど、でも実はちっとも都合の良いハッピーエンドなんかじゃないと思うんですよね。主人公にと言うよりもグロリアにとって。グロリアが最後に背負ったものはとてつもなく重いものでしょう。

うん、これは何か久々にすごく、ときめき的に大満足・話の作り的にも納得出来るゲームでした。
大人の乙女ゲーマーさんにやって欲しいゲームです。


つかグロリアが好き過ぎてしばらく他のキャラを攻略する気になれなさそうだ。
グロリア周回プレイするかな。

ですこね。

何とか生きております。
色々毎日浮上したり凹んだりの連続ではありますが…それもどちらかというと新生活が云々ではなく、いやそれももちろんありはするのですが自分の内面的な問題で色々と考え過ぎな節がありまして自分にうんざりしておりますがその辺は全て蓋をする方向でとりあえず走っております。


あまりにも生活にときめきが足りなさ過ぎるのでですこねくしょん始めました。
某料理番組とスパサカで安元さんのナレーションを毎週聞いているもので、その度に毎週毎週安元さんのお声に惚れるのですよね笑。
どうしても安元さんが攻略対象を演じていらっしゃる乙女ゲーをやってみたかった…!

あたしは結構このゲーム好きですね。
主人公は17歳ですが、周りが大人なので結構感情移入はしやすい。主人公もあたしは好きだ。
そして安元さん演じるグロリアですよ!グロリアが素敵過ぎますよ!!渋くて良いな32歳!!実は結構天然たらしそうだ。
今現在あんまり恋愛段階には入っていないと思うのですが(多分まだストーリーの半分くらい)、時々入る台詞が結構…安元さんのお声で聞くとかなり、失神しそうなくらい素敵です笑。
CEROCって、ハトアリで結構ハードだなーと思ったが今回もあれなのだろうか笑。
まだ一人もエンディングまで行っていないので最終的にどう感じるかはまだ分かりませんが、世界観にも自然に入れたし、選択肢式では久々にヒットあたし的にヒットかも。

現実逃避には最高だ笑。

ふひい。

周りが若い…。
初めて皆で飲んできた(つっても半分は未成年でノンアルコール)のですが、いやあ、馴染めては多分いるのですが、そして楽しいのですが、とにかくテンションの高さにびっくり。
大学院兄さんばっかだったからなあ…。基本各々の研究やそれ以外のしかしどっちかっつーと学術的なこと(うちの専攻じゃ誰一人専門にしていなかったはずのマルクスとか構造主義とか)を肴にちびちび飲んでた感じだったからなあ…。あっちょっと大学院懐かしくなってきたまずいぞこれ。
学部1年の時って飲み会とかほぼ参加しなかったもんなあ…。
若いってこんな感じなんだなあ。いや一応あたしだってまだ20代前半なんだぜ!とか無理やり前向きに言ってみる。
中にいるときは平気なのですが、一人になるとぐでっときますね鬱。
いかんいかん。強気でいかねば。

…と思っても泣きそうになるんだよう。

そんでカラオケ音源が必要とか言われたわけだが、こんだけ歌好きのはずなのに、いざどの曲かと考えると自分が普段選んでいる曲がさっぱり分からない。最近は蓮くんの曲しか歌っていないような気もする笑。

ひい。

新生活が始まりましたが、周りが見事に年下ばかりで既に泣きそうです笑。
一人二人は同世代or年上がいるだろうと思っていたのですが…本日自己紹介が終わった男性陣に関してはまず全員年下だと思われる。今日中に自己紹介全員回りきらなかったので残りの女性陣の中に近い人が…いない気はしているが。物凄くいない予感がするが。

もうあれだ、この時点で弱気だよ笑。
大学院て楽だったんだなーいや勉強という意味では常に死に物狂いでしたが、研究は自分の世界に閉じこもっていても指導教授とさえコミュニケーションが取れていれば成り立つので。

つか目的地の近所にうちの大学の病院がありまして、何かもう校章見て涙出そうだったまだ人にも会わぬうちに。大学院帰りたいってすごい思った笑。

何でしょうね本日のこの弱音だらけ日記。
でもこの辛い最初を乗り越えさえすれば大抵のことは何とかなると経験上分かっているので今が一番苦しい時だ先は大丈夫だと言い聞かせ。
思えば大学院もそうだった。最初ごつい男だらけで凄い恐かった(修士の女は私一人だった)けどその時期乗り越えたら我儘放題で「女王様」呼ばわりされたほどになったし笑。別に我儘放題はやりたくないが打ち解けたい。皆と仲良くなりたい。その気持ちさえあれば大丈夫な気がする。と思いたい。


ああもうちょっと気分を盛り上げるべく今期のアニメの話でもしますか。
おお振り二期は素敵です。今期一番の楽しみです。一期録画したものを毎日見返しておりますがだんだんだんだん三橋くんが愛しくなってきます。でも何か萌え対象というよりは自分の子供のような笑。ママンと同じ気持ちで応援してしまう。あと鰤とでゅらは継続して見ております。銀さん傑作選もね。
他今期新しいものとしては何だ…あれだ、「荒川~」だ。あれはもう神谷さんファンとしてはあっぱれと言いたくなる主人公のテンションですね。神谷さんしか出来る人いない絶対。
サッカーファンとしては「GIANT~」も見逃せません。おのでぃ出るし。
それと「薄桜鬼」か。三木さんやはし好きだなあと実感しつつ。
あと何だ~何かあったっけ…「裏切りは~」はこれから始まるの楽しみに。そんなところかね?

とにもかくにもおお振りですよ。ああもうおお振りが愛し過ぎますよ。
すっかり父親も巻き込んでます笑。しかしみはしくんをみつはしくんと読むのを何とかやめさせねばw


あああああー…頑張るぞ!

何とも落ち着かない。

今週から新生活が始まるせいか、ちょっと精神的にピリピリして落ち着きません。
新しいところに入っていく不安を久々に感じています。
周りが多分ほぼ年下なんだよね。2年間年上しかいない生活をしていたから、正直言って不安です。

なので、その不安から逃れるべく(と体調不良を紛らわすために)今日はずっとこたつでだらだらおお振り読んでおりました。
最近桐青の高瀬も好きになってきました。まあやっぱ花井寄りですけどね。

途中でルールが分からなくなる度にその辺にいた両親(そこそこ野球詳しい)に質問していたら、「お前何読んでるんだ?」と父親がおお振りに興味持って読み始めました笑。「面白いじゃないか」とか言って。アニメもある(しかもDVDちょっと持っている)と言ったら食いついてきたよ笑。普段アニメなんて絶対見る人じゃないのに。
そいやおとーちゃん昔は部屋に「おいしんぼ」全巻揃えてたな…漫画は元々好きなんだな。

何か、こんな何度も読み返したい漫画って本当久しぶりなんですよね。残り3冊早いとこ揃えたい。

始まったー!

おおふり2期始まったー!
もう楽しみで楽しみで仕方ありませんでしたよ。
1期はちょっとずーつでも良いからDVD集めたいところ。

おおふりアニメの魅力のひとつは、画面がアニメアニメしておらず、原作の雰囲気が保たれているところじゃないかなあと私は思っております。
色遣いやタッチが優しいので、長時間何話も見ていても疲れないのが良い。何かしながら流すのにも良い。意外とそういうアニメってないと思うのです。

相変わらず絶対このキャラが一番好き!というのはなく、今は花井と泉と隆也の間を行ったり来たりしている感じです。そして時々三橋。あーでも花井寄りかなあやはし。8巻の三橋の家でのエピソードは秀逸。


さてびたみんぜっとですが、2、3日風邪でぐだぐだしていれ間に一応全員のエンドは見ました。やはしびたみんは楽しい。明るさと重さのバランスが上手い。

しかしこちらもおおふり同様、絶対このキャラが一番っていうのがまだ見付かっていないのですよね。
何だかんだでB6やっぱ良いよ!とか思っていた気がする、終始。大人になったゴロちゃんでだいさくのすごさ再確認したり、瑞希の良さに気付いてみたり。
でも敢えて挙げるなら慧と八雲と天童先生かなあ。慧と天童先生は(中の人で)想定の範囲内ですが、自分でも意外だったのは八雲。ああいうかわいい系っていつもはあまり引かれないのですが、八雲は普段のかわいいキャラとオラオラキャラが切り替わるところに惚れました。
しかしシリーズ全体でいうならやはり翼と一が不動の地位です。

びたみんも落ち着いたので、そろそろ積みゲーと化しているものを片っ端から片付けたいところです。
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。