スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪公演レポその1。

遅くなってしまいましたが、ネオロマンスライブ2009summer大阪公演レポです。
何だか大分長くなりそうなので何回かに分けて書きます。
ひとまず今日は8月16日昼公演の、ライブ部分以外の感想です。ライブは昼夜の曲順が(多分)同じだったので、最後にキャスト別感想と一緒に書きます。

では、レポになりきれない主観的感想。思い切りネタばれ注意な上、私の曖昧な記憶ですのでところどころ発言者や細部が間違っていたりコーナーの順番前後していたりすることもあると思います。どうかご了承くださいませ。
16日の場内アナウンスは小野坂さんと小野Dでした。最終的にはジェイドとヒュウガが関西弁しゃべった笑

OPの自己紹介は、皆さま“夏”とか“夏休み”にかけたものでした。
まずロシュの「この夏は俺のために全部開けとけよ。嫌だって言っても許さないぜ」という台詞で良平くんに陥落しました笑。
そしてなんといっても紀章さん!月森の「君と夏休みを過ごすことになるとは思わなかった」という一言に、無印からの月森と主人公の歴史を感じてすごくうれしくなりました。本当にきっと月森は最初、こんなに長く主人公と関わることになるとは思っていなかったでしょうからね。
今回のライブのテーマは「コール&レスポンス」ということで、出演者の呼びかけに応えて会場全体で「VACATION」、「Feel Summer Love!」と繰り返したりもしました。

メッセージは、ロシュ、忍人、吉羅、ジュリアス、道臣だった…はず。ちょっとロシュとレインの順番、昼夜逆かもしれません。
昼公演のメッセージは、何と言っても全て夕夜さんに持っていかれましたね笑。いや、横浜公演の時のメッセージもかなり…ええと、吉羅的にというよりは夕夜さん的な意味で素敵だったのですが、今回もやってくださいました。
車走らせながら口効果音とか…!「ブーッ、ブーッ、キキーッ、ガチャ」とかさあ!真顔で言うし!!夕夜さん…楽しい方でした、いろんな意味で。ええ本当に笑
遥か4組は、やっぱ忍人は大団円でのエンドをトゥルーエンドにしとこうよ!とかせっかく鳥ちゃんなんだから道臣攻略対象にしようよ!とか色々思いました。やはし4好きです。

ドラマは横浜公演同様、全作品のキャラクターをシャッフルしたものでした。これがねー、他の場ではそうそうお目にかかれない組み合わせでね、すごく楽しくて。これぞお祭り!って感じで。この企画は是非またやって欲しいなあと思いました。
昼公演1組目は白龍、月森、レインでテーマは「盆踊り」。まず、盆踊りをバイオリンで弾けという依頼も凄まじいですが(そしてやはり王崎先輩のお手伝いなのね蓮君…笑)、おっきーがもうしょっぱなから壊れた。

「ぼんおど~りおんど~」(外国人風)。

広樹さんまで言っちゃうし!そうしたら紀章さんだってもちろん言うし!!レインはともかく、月森のの「ぼんおど~りおんど~」はそうそう聞けるもんじゃあございません。貴重な体験でした。その後は大分おっきーがやりたい放題。素敵。
しかしアーティファクトって何にでも使えるんですねえ…音を楽譜に出来るとか笑。「ぼんおど~りおんど~」の音源をスコアにしたはずのものを見た月森が「これは盆踊り音頭じゃない」と言い、流してみると全く違う曲が!というくだりが2回あったのですが(しかもそのうち1回は遙かの曲で、白龍が「どこかで聞いたことがあるよ」と言った)、そこで場内で手拍子が始まりまして、おっきーが白龍ボイスで「手拍子するところじゃなーい」と突っ込む一幕もございました。
最後に白龍が「今日は神子がいっぱいいるから大丈夫だね」と言って龍神砲でプチ大文字焼きを作り、「これの消火はどうするんだ」と焦る月森とレインに「私は雨も降らせられるんだ。…君もレインだよね?」とおっきーの大暴れが広樹さんに飛び火してお話は幕を閉じたのでした。終了直後紀章さんぼそっと「巻き込まれなくて良かった」と呟いてらっしゃいました笑。
ドラマ後、横浜公演にはなかったキャストのフリートークが入りまして、おっきー曰く「このキャラ壊し辛いんだよ!」とのことでございました笑。

2組目はオスカーと土浦。テーマは「ファイヤー!」…この時点で何だかかなり期待大笑。
この時はもう出だしがすごかったです。けんゆーさんがまずしゃべり始めると、伊藤さんが「それ俺の台詞です」。…ええと。何事もなかったかのようにタイトルコールからやり直しとなりました笑。
お話はキャンプの場面で。土浦は横浜でもキャンプの話での登場だったので、「キャンプの話が多いな。いろんな人に振り回されたりいろんな犬(某藤原氏のお方の飼い犬)に振り回されたり」by土浦。「キャンプが似合うってことだな」と自分で無理やり納得しておりましたが、確かに似合うと思う!
しかしオスカー様…土浦を見て「奥手そう」って笑。基本形が自由なオスカー様にひたすら振り回される常識人・土浦。何かもう土浦が苦労性過ぎて愛しいよ…!良識がある人間の方が厄介事を背負い込むっていう典型のような人だ。
ネオロマを代表する「熱い男」二人のドラマは熱かったです笑。

エンディングの挨拶では良平くんが「昨日の講演の後広樹さんと紀章さんと鳥海さん(多分)と食事に行った」と、どうも素敵な酒宴であったらしいことを匂わすお話をされ笑、(確か)広樹さんが「夜公演の当日券あるんですよね?」と司会の久遠さんにふったのをきっかけに、皆「当日券あるんですよね?」とかぶせておりました笑。
夕夜さんは「キャラを壊し過ぎないために曲でコスプレしてみました」と。吉羅スーツ、素敵でした!
そして紀章さんは土曜日の講演で「ネオロマ史に残るとんでもないこと」をやらかしてしまったらしい…何それすごい見たかった…!何やったんだ一体…!!

もう全公演終わったので書きますが、伊藤さんが横浜公演からずっとピアノ弾き語りに挑戦されていました。その素敵さは後半のキャスト別感想で書くとして、紀章さんが挨拶の中でそのことに触れ、「リハーサルでピアノを弾いて歌っている健太郎君の後ろにちゃんと土浦の映像が流れているのを客席から見ていて、個人的にときめきました。ネオロマの真髄を見ました」といって 伊藤さんと抱き合っておられました。
何だかもうそのお姿からも、伊藤さんがどれほど努力をされていたか、そして周りの方々がどれほどその努力を応援していたか、というのがすごく伝わってきました。「よしよし」って伊藤さんの背中を撫でる紀章さんの言い方がまた優しかった!
紀章さん、「人の後に歌うのはあんまり苦にならないんですが、今回健太郎君の後に歌うのはすごく嫌でした」とのことでした。

エンディングのコール&レスポンスは、ネオアン組の担当。
広樹さんが「昨日の夜のことを話しまーす」と言い出して、「楽屋で乾杯!」、「ホテルに戻ってシャワーを浴びて」、「タクシーに乗ってローソンへ」とか焼き肉のメニュー繰り返したりとか笑。しかも「タクシーに乗ってローソンへ」2回行ったらしいですよ!もはやコール&レスポンスじゃなくなってるしそれ笑。
このコール&レスポンスのところから、リズムに乗って踊っている紀章さんがかわいくてかわいくてかわいくてかわいくて釘付けでした。アンプに足をかける姿もさすが、様になっておりました。

その2に続く。
スポンサーサイト
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。