スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多分近々お引っ越し。

そう遠くないうちにサイトをお引っ越しします。
あんまり作業している時間はないから、多分丸々移すだけになると思うけど、見事なまでに笑。


修論がらみでやるべきことを箇条書きにしたルーズリーフに、やっとこさ終了のバツ印が付けられるようになってきました。
いや、バツ付いたとはいえやり終えたことなんて本来ならば数時間もかからずに書き上がることばかりなのですけれども。それを今日なんて1日かけて書けない書けないと言いながらやっていたわけだけれども。トロ過ぎる。
でもまあとにもかくにも、遅筆なりのペースでのろのろと材料をまとめ、ゆっくりと足場を固めつつ…固め始めつつある状況でして、ばってんの付いたルーズリーフを見てちょっと胸を撫で下ろしております。
夏休み中ほぼずっと机に貼りついて研究していたのに、きちんとまとめられていなくて「こいつ夏休みずっと遊んでたのか」と思われたら悔しいじゃん。本当に遊んでいたのならば楽しんでいただけましだが、ひたすら苦しんでいたんだからさ。ちゃんとやったんだからやったと思われないと損。

そんな状況の息抜きは相変わらずGRANRODEOです。
こんなに「気持ち良い!」音楽はジャンヌ以来だとつくづく思う。頭で考えるよりも「感じる」音楽。
こういう音楽に出会えた瞬間、あー生きてるなあ!って実感します。
10月本当楽しみだ。紀章さんの歌も飯塚さんのギターもお二人の共演も、ネオロマのイベントで生で拝見(拝聴)したことがあるわけですが、でもやっぱGRANRODEOの音楽として生で聴くのは初めてだから。すっごい重要。20歳の誕生日に初めてジャンヌのライブに行った時の興奮と感動を思い出す。

ジャンヌの活動休止前、こんなにも心を震わせる音楽にはもう出会えないだろうと思っていました。
でもこうやってGRANRODEOの音楽を聴いて、身体中が震えるような衝撃を受けて。
ジャンヌとGRANRODEO、どっちがあたしにとって上かとか、どっちの方がより好きかとか、比べられないのが正直なところ。それぐらい、GRANRODEOはあたしの中に響く音楽です。

…本当は何かまだごちゃごちゃと書き続けていたんだけどさ、だんだん何が言いたいのか分からなくなってきてしまったのでこれくらいにします笑。
スポンサーサイト
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。