スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修論の途中で乙女ゲーを叫ぶ。

思いっ切り修論書いている最中ですが、一休憩(さっきから何度休憩しているんだよ)。


緋色の欠片一周目終わりました。拓摩攻略。
何だろうね、うっかり泣かされたわ。

ええと、今回あたしには珍しく辛口で書かせていただきますが、その前に結論だけ申しておくならば、面白いゲームでした。
ええ、面白かったんです。というのも主人公が守られるだけではなく勝気で自分も皆のために頑張ろうとするすごく良い子で、かわいいのです。というわけで大分わたくし、主人公に感情移入してプレイしておりました。
率直に言って続編やってみようかなと思うくらい引き込まれる面白いゲームでした。でもだからこそ敢えて言いたいことがある。


以下。緋色の欠片全面肯定一つも疑問に思うことないって方はご覧にならない方が良いかと思われます。
もう一度言っておきますがあたしはこのゲーム好きになりました。好きだからこそ言いたい。
つか多分ここから展開されるあたしの意見は恐らく、主人公にあまりにも肩入れし過ぎているからこその怒りだと思う。
主人公が大好きになってしまったのです。だからこその辛口であることをご承知ください。




うん、繰り返し言うが、主人公本当に良い子だ。乙女ゲーでここまで良い子だと思える主人公も珍しいんじゃないかというくらいに良い子だ。
いや、だからこそあまりにもちょっとシナリオが辛過ぎますね。

今ネット徘徊してきたら他にもあたしと同じようなことを感じてらっしゃる方がいてホッとしました。

あのね、誰かと恋愛状態に入るまでの間、主人公全否定はいくらなんでも。
美鶴ちゃんが良い子なのは分かる。でも主人公も同じくらい良い子だし頑張っていると思うのだよ。

こういうのって逆パターンならよくあると思うのですよ。主人公が皆の幼馴染で、新しくその輪に入ってきた子が美人で良い子でちやほやされて幼馴染が「お前もあの子見習えよな」とか言われるパターン。それはそれでありだと思うのです。それまでの絆があるからこそ許されるふざけあいだと思うから。
でもさ、主人公が右も左も分からないところに放り込まれたわけだから、この場合。何かさ、ばーちゃんもばーちゃんで主人公に冷たいし、周囲の新たな学友もこれじゃ、主人公すごい孤独じゃないですか。守護者たちだって最初は契約があるからって彼女を守っているのだろうし、何だか誰一人主人公に味方がいないみたいだ。
やー…仲間意識があるから守護者たちも主人公をバカにしたりからかったりするんだろうなっていうのは分かるんだけど、でもなあ…お互いそこまで分かり合えていないうちに普通ここまで言うか?と思う。

まあ個別ルート入ってからは拓摩が本当に主人公に惹かれているというのが良く分かったので、安心してプレイ出来ましたししっかりストーリーに入り込むことも出来ましたが。
しかしそれまでがなあ。

昨日に引き続き相変わらず言いたいのはばーちゃんの酷さね。ばーちゃんの背景も分かるが、分かるが!仮にも子供生んだ人でしょ?母親経験した人でしょ?そんな何もかもを封印のために犠牲にしてきたとかいうけれども、あんた自分のお腹傷めた子供が元気に育っていく幸福を感じたことは全くないのかい?自分の子供の幸せ願ったことないのかい?自分の子供が産んだ子供、かわいいと思わないのかい?
このばーちゃんからは母性が全く感じられなかった。封印のためとか言いつつ自分のことしか考えていないように見える。
つか先代玉依だったらさ、その血で充分封印出来んじゃね?主人公の血じゃなきゃだめとか言う前に一回自分で試してみろや。
そして美鶴ちゃんね、最終的には主人公のこともかばってくれて、何となく和解した感じで安心しましたが、まるで自分だけ苦しんで主人公は全く何も辛い思いをしていないように言うのはどうかと。
人殺す手伝いさせられてたのはそりゃ辛いだろう。でも主人公もある日突然化け物と対峙させられるんだぞ?味方に全否定されながらもすごい頑張って生きてるんだよ?自分だけが辛いわけじゃあないということを振り返っていただきたい。
まあそれでもばーちゃんの数倍美鶴ちゃんの方が好きです。ばーちゃんが一番許せません。

日本語崩壊等々は散々あちこちで聞いていて覚悟の上だったので敢えてスルーします。あたしも人のこと言えないしな。


うーん、思ったんだがこれ、若干鬱ゲーの要素あるよね。


繰り返しますがこのゲーム好きですよ。気に入りましたよ。多分コンプするまでやり込むと思う。ひょっとしたら続編もやるかもしれない。でもだからこそ、そこまで良いと思ったからこそ気になる点もあったので敢えて書きました。

つか、あまりにも主人公が哀れ過ぎて、そりゃないだろとどこかで吐きださずにはいられなかった笑。



総合して、本当に、主人公がすごく良いゲームです。いじょ。
スポンサーサイト
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。