スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近未来。

ついに「ヒイロノカケラ」に手を伸ばしました理々子です、こんばんは。
自分で思っているよりも緋色の世界にハマっていたようで笑。

あちこちで書かれているように、確かに緋色1とは全く異なる雰囲気ですね。あたしが小学校低学年くらいの頃によく漫画やら何やらで言われていた「近未来」ってあんな感じだよなあというような。
あたしはあまり緋色歴長くないので(つか1,2ヶ月?)、そこまで思い入れが強いわけでもなく、ヒイロノカケラの新たなキャラクターもすんなり受け入れられましたが、確かにずっとあのキャラ好きだった人の中には違和感を覚える人がいても無理もないかなあ。
多分、コルダ3キャラ一新と言われた時の感覚なんだろうなあ。キャラデザ見てサンプルボイス聞いた今でこそ発売を心待ちにしているけれど、最初は複雑だったし。

それはさておき。

主人公の幼馴染でお兄さん的存在という大好物な設定を発見、しかも平川さんでございましたので、真っ先に攻略。
キャストさんとキャラが大分シャッフルされておりますが、設定読んだ時点では大蛇さんちと鬼崎さんちはあんまり変わりないのかなーなんて思っていたのですが、いや、攻略してみたら大蛇さん大違いですよ。

卓さん→腹黒策士
凌さん→純情少年

同じ“お兄さん”でも、ここまで違うか…!
22世紀の設定で「不純異性交遊」って言葉が聞けるとは思わなかったよ!今日日の女子高生も考えんだろうよそんなこと笑。

甘さ加減は緋色1と同じくらいかな?すごく甘いという感じではない。ああでもイベントは充分甘いです。

しかし改めて平川さんの演じるお兄さん系は素敵。
最近何かと平川さん良いよとここに書いている気がしますが笑。ええ大好きですとも。

そして次はやはし大好きな杉田さん演じる鬼崎くんいこうかと思っております。

あ、シャイニングフォースフェザーはやっとちょろっと神谷さんのキャラ出て来た笑。
スポンサーサイト
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。