スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるやすみのにっき。

きょう、がっこうからにもつをたくさんもってかえってきました。
とってもおもかったです。かたがばりばりいたいです。

何故か小学生の絵日記風にこんばんは。そんなわけで院生室から大量の荷物を持ち帰ってきたので肩が本気で壊れそうです。ちょっとあたしが三橋くんだったらどうするのよ「まっすぐ」投げられないじゃない、とか覚えたてのおおふり用語で文句付けてみる。
しかし問題はこの持ち帰ってきた大量のファイルやら本やらをどうするかだな。これでも大分院生室の他の本に紛れ込ませ未来の後輩たちのために置いてきたのですけれどもね!
来年度10人も入るらしいようちの院。しかも多分男女比率普通なんだ。あたしのときなんか5人中女一人ですごいつまんなかったのに!終わった今ではそれも良い思い出ですが。

迷宮やっとこさ4章の一番面倒くさい研究棟にまで辿り着きました。ここからが長いですよ。研究棟は一気に進めないと分からなくなるからもう今日はやらないで明日に回します。
しかし将望いいな。改めて良い。
幼馴染でお互いをとても信頼し合い、理解し合っている。「源氏の神子」がただの「望美」に、「還内府」がただの「将臣」に戻れるのが、唯一お互いといる瞬間なんじゃないのかな。子供でも大人でもない、背伸びも無理もしない二人の関係性が好きです。

早くクリアして後日談を見ねば…!
スポンサーサイト
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。