スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たらずとも遠からず。

スケッチブックに那岐がやたらと増えていきます。
むしろ那岐専用スケッチブックなんじゃないかというくらい。
リビングでカリカリと那岐を描いておりましたら、後ろから覗き込んできた母親が

「それ、あんたの理想の男?」

と問うて来ました。
まさか、

「うん、理想のツンデレ

と答えるわけにもいかないので、「この漫画(コミック版見ながら描いていた)の中で一番好きなキャラだよ」とだけ言っておきました。

お母様、腐女子な娘でごめんなさい。

あーそのうちサイトに乙女ゲーレビューページでも作ろうかな。
あたし遙か3と4本当好きだ。相当好きだ。
1と2ももちろん好きなんだけど、思い入れが3と4ほどじゃあないのは何でかなあと思ったら、ゲームシステムの違いももちろんあるんだけど、多分主人公の問題なんだろうな。1と2の主人公も好きだけど、ちょっと良い子すぎるというか大人しすぎるというか…3と4は自己主張が意外と強くて、彼女自身がストーリーの中にしっかりと絡んでいる。主体性がある。守ってもらうんじゃなくて自分で戦う。そういうところが多分好きなんだと思う。あたしは望美がとにかく大好きだったんだけど、最近は千尋も同じくらい好きになって来ましたねー。

多分何だ、あれだよ、あたし自身が主体性ゼロだから憧れるんだと思うよ笑

今日は勉強の合間に息抜きにネオアンやっていたのですが、レインルートのラスボス何度やっても勝てませんでした。何故だ。
ベルナールルートのときにはラスボスやはりレインで挑んで勝ったんだけどなあ。
スポンサーサイト
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。