スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳みそハングルだらけ。

夕方からこの時間まで韓国語のサイトを見続けていたら脳みそが瀕死です。収穫がなかったからなおのこと精神的にダメージが大きいです。
外国語というのは何年やっても一瞬では頭に入ってこない。認識出来ない。当たり前ですが。
母国語って良いね。パッと見で内容何となく分かるって素敵だね。
どんだけ韓国語好きでも韓国で生活しろと言われたら泣くと思う、あたし。しかも最近リアルに先生方に“留学しろ”といわれる機会が多いから既に泣きそう。日本でしか生活出来ましぇーん!


緋の記憶、遮那ルートクリアしました。
以下ネタばれ含む可能性のある感想というよりも小西さんへの愛を叫んでいるだけとしか思えない日本語の文法完璧無視プレイレポ。
遮那…まず外見がストレートの長髪という時点で大分好みではあったんですが、しかも言動がいちいちSくさくてですね、さらにそれを小西さんが低めのトーンで話されるわけですね。そりゃ惚れるに決まってるわ。だってあたしドMだもの。

このゲームはそもそも主人公側の一謡という一族と九艘という一族が対立しているところからスタートしているわけですが、遮那が属する八咫はさらにそのどちらとも敵対している立場、言ってみればこのゲームにおける黒幕なわけで。一謡と九艘のキャラ攻略時には、これ一体どうやって遮那との恋愛に持って行くんだ?と疑問に思っておりました。
でも、一謡と九艘のルート時にはほとんど語られない八咫の悲しい事情が色々出て来て、上手いこと引き込まれてしまった。冷徹無比、自分勝手に自分の欲求のままに動いているだけに見えた遮那が、実は自分の一族を守るために必死な、誰よりも優しい人だったり。
乙女ゲーにおける敵方ルート時の王道っちゃ王道なのかもしれませんが、結構ナチュラルに感情移入出来たかなあと。

個人的には、幼少時のエピソードで小西さんの高めのかわいらしい少年ボイスが聞けたのが大変満足でした笑
めちゃくちゃかわいかったんだ…!
遮那の声が低音だからこそ、そのギャップにいちいちくらくら来ちゃったんだ…!!

全員クリアしたらもっかいやりたいくらいですねー遮那ルート。
つか、終わり方が物凄い好みだった。ああいう数年後の描き方は、狙いだと分かっていてもうっかりときめいてしまいますねー(←明らかに泣かせる目的の映画で号泣出来る女)

次は涼先生ルートいきまーす。
しかし遙か3とネオアンもそろそろもうちょい進めたいなあ。
スポンサーサイト
本棚。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。